ガジェット、家電

[焼き立てパンが自宅で!!]Panasonicホームベーカリー4種類 徹底比較!!

ポン
ポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

この記事では、Panasonicのホームベーカリーについて、実際に使っているポンが徹底レビューしていきます。

読んでね♪

Panasonicホームベーカリーとは?

ホームベーカリーを使うと、全自動で焼き立てパンを焼くことができるんです。

なかでも、Panasonicのホームベーカリーは、メニューの豊富さや、イースト自動投入など、機能の充実や、Panasonicという安心の品質で人気が高いです。

実際にポンが使っているPanasonicホームベーカリーについてのレビュー。

また、今のPanasonicホームベーカリーの違いについて紹介していきます。

実は、世界初ホームベーカリーを開発したのがPanasonicなんです。

Panasonicホームベーカリーおすすめポイント

すべて自動でやってくれる

ホームベーカリーは、さまざまなメーカーで販売されていますが、Panasonicホームベーカリーは、「こね、発酵、焼き」まですべて自動でパンを作ってくれます。

また、「室温センサー」と「庫内温度センサー」が搭載されているため、季節を問わず、一年中美味しいパンを焼くことができます。

イースト自動投入付き

通常のホームベーカリーでは、材料を入れるときにドライイーストが水分に触れないように小麦粉の上にくぼみを作って注意して入れる必要があります。

しかし、Panasonicのホームベーカリーでは、全ての商品に、イースト自動投入の機能が付いているため、そのような心配をする必要がありません。

最初に投入口にドライイーストを入れておけば、最適なタイミングで自動投入してくれています。

ポン
ポン
この機能がPanasonicのホームベーカリーを買う決め手になりました。

予約タイマー機能付き

Panasonicのホームベーカリーでは、焼き上がり時間を設定できる予約タイマー機能付きです。

最大13時間まで好みの時間で設定できますので、好みの時間に予約しておけば、朝焼き立てのパンの香りとともに目覚め、焼き立てパンが食べられるという理想が実現できます。

ポン
ポン
Panasonicのホームベーカリーでできた焼き立てパンを、バルミューダトースターで焼くという生活を始めてから、病みつきになってしまいました。

豊富なレシピが充実

Panasonic公式HPより

Panasonicの公式HPに、ホームベーカリーを使った豊富なレシピが掲載されています。

通常のパンだけでなく、さまざまアレンジパンのレシピもあります。

ドライ天然酵母を使った無添加パンや、米粉パン、フランスパンなどもすべて自動で作れます。

機種によって内容はさまざまですが、パン以外のメニューも充実しています。

おもちやうどん、パスタ、ケーキなどなど、Panasonicのホームベーカリーでさまざまな料理が作れてしまいます。

Panasonicのホームベーカリーは全4種類

現在Panasonicのホームベーカリーは全4種類ありますが、それぞれ機種によって機能がさまざまです。

簡単に比較していきます。

ポン
ポン
僕の使っている「SD-MT2」はもう生産終了になってしまいました・・・。

日々進化していますね。

SD-MDX102


 

 SD-MSX102はPanasonicのホームベーカリーの上位モデルです。

ねり・発酵・焼きそれぞれを自分好みに設定できるマニュアル機能が搭載されているのが、上位モデルたる所以でしょう。

低速~高速までねりの速度を自動で変える「達人ねり」で、41種類もの自動メニューを作り分けることができます。

また、イーストだけでなく、具材も自動投入のため、具材入りパンもカンタンにできるところがおすすめポイントです。

ポン
ポン
価格は5万円~。ホームベーカリーを使い倒したい方にはおすすめの機種です。

 

SD-MT3


 

SD-MT3はSD-MSX102からマニュアル機能を抜いた、高機能ホームベーカリーです。

マニュアル機能はなくても、イーストと、具材の自動投入はついています。

また、SD-MSX102と同じ「達人ねり」により、39種類ものメニューが選べます。

ポン
ポン
価格は3万5000円~。バランスのとれた機種です。

 

 

SD-SB1


 

シンプル機能でお手頃価格のスタンダードモデルです。

自動メニューは20種類と、やや抑え気味。

自動投入はイーストのみで、具材は「お知らせブザーが鳴ったら入れる」というタイプです。

ポン
ポン
価格は2万円以下と手が出しやすいのが魅力的。初めてのホームベーカリーの方には問題ないでしょう。

SD-BMT2000


 

大容量2斤タイプのホームベーカリーです。

「達人ねり」搭載で自動メニューが40種類と豊富で、具材自動投入機能もついています。

食パンも2斤作るため、家族の多い方向けの機種です。

ただし、その分サイズも他のモデルに比べて大きいため、置き場所に余裕がある家向きになります。

[焼き立てパンが自宅で!!]Panasonicホームベーカリー4種類 徹底比較!!まとめ

いかがだったでしょうか?

Panasonicのホームベーカリーの4種類について比較してみました。

現在我が家では、型落ちのPanasonicのホームベーカリーを使用中ですが、焼き立てパンを手軽に食べられるのは、とても魅力です。

モデル 特徴
SD-MDX102 上位モデル。唯一のマニュアル機能搭載。価格は5万円~と高め。
SD-MT3 イースト、具材の自動投入付。価格は3万5000円~。バランスの良いモデル。
SD-SB1 シンプルモデル。イーストの自動投入付。価格は2万円以下。初心者向け。
SD-BMT2000 大容量モデル。唯一の2斤タイプ。家族の多い方向け。

この機に手作りパンを作ってみてはいかがでしょうか?

購入を検討されている方は、この記事が参考になれば嬉しいです。

ではでは♪

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA