つぶやき

資料整理、タスク管理にはGoogle keepがおすすめ!

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

この記事では、資料整理におすすめのGoogleKeepについて紹介していきます。

読んでね♪

Google Keepってなに?

Google KeepとはGoogle社が提供している無料のメモアプリです。音声入力機能でメモを入力したり、複数の業務を平行してすすめるのに便利なアプリです。

仕事でもプライベートでもそうですが、普段はいらないけどこの時期になったら必要になる資料とか、紙ベースで持ってたら膨大な量だからデータで持っていたいとか。

いろいろなデータがあって、整理に困ることないですか?Google Keepは検索機能も付いていて、写真、文章データをごちゃまぜで整理することができます。

また、写真データも名前を付けて保存する機能がついていますので、呼び出したい時にすぐに探すことができます。

アプリでもあります。

Google Keep - メモとリスト
Google Keep – メモとリスト
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

 

Google Keepの機能と使い方

メモ機能

Googole Keepはメモを記入することができます。スマホで標準的についているメモアプリと同じように文章を入力し、記録しておくことができます。

 

上図のように、「タイトル」と「メモ」と記入するところが分かれています。内容を入力すると、自動保存されます。メモを内容によって分類したい場合は背景色も変えることができます。

ラベルわけできる

「メモ」昨日は、メモによって、ラベルわけをすることができます。

各ラベルからメモを探すこともできますし、また、検索機能で、すぐにメモにあるワードやタイトルから検索をかけることもできます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
写真にタイトルをつけておくと、検索で見たい写真をひっぱってくることもできますね。

便利!!

チェックリストをつくることができる

 

TODOリストを作成することができます。

上図のように、チェックボックスを作成することができます。「+」ボタンを押すことで、箇条書きでリストを作成することができます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
僕は仕事では「今日やること」というタイトルで、TODOリストを作り、それをこなしていくという作業を朝のルーティンにしています。

タスクが終了していくのを目で見れるし、やることをアウトプットしているので頭の中をすっきりさせて仕事できますよ。

リマインダー機能

仕事でお昼からやることや、後で連絡を取るときなど、「今は覚えていなくてもいいが、後でやらなければいけないこと」は、「リマインダー機能」を使いましょう。

12:00に●●に電話するなど、リマインドしておくと、その時間にお知らせしてくれます。

後でやることをそのまま覚えておくのはストレスです。

任せられることはスマホに任せておきましょう。

また、リマインダー機能は、「時間」で設定するのと「場所」で設定するのと2通りあります。

「場所」で設定した場合「東京駅」と設定しておくと、東京駅についたらリマインドしてくれるようにもできます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
仕事のアポをとっている会場でリマインドしておけば、その時にやることを教えてもらえます。

Googleカレンダーと同期できる

Google Keepのリマインダー機能は、Googleカレンダーと同期することができます。

カレンダーでダイレクトに登録しておくのはプライベート用、Google Keepからの登録は仕事用など、用途にわけて設定していてもはっきりと見分けがつきますので便利です。

Googleカレンダーの使い方 利用してますか?? こんにちは。ブロガーのポンです。 仕事のための手帳を持つ人って多い ですよね。僕手帳持つのダメなんです。 ...

日々の仕事に取り入れてみよう

新しいことを覚えたら、日々の仕事に取り入れてみてください。

実際使わないと、この便利さは伝わらないと思います。

僕も、これで勉強会の資料や、普段のタスク、TODOリストをフル活用することでGoogle keepの便利さに気づきました。

使ってない人はもったいないですよ。

今のところGoogle Keepの保存容量は無制限です!!

まずはお試ししてください。

薬剤師のポン
薬剤師のポン

ポンマガジンは、薬剤師、薬学生応援ブログです。

薬剤師、薬学生に夢を届けたい!!

 

ではでは♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA