ガジェット、家電

毎朝すっきり起きられる方法。「光目覚まし時計」活用術。快適な朝を手に入れよう!!

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

この記事では「光目覚まし時計」について、ポンが使ってみて徹底レビューしていきます。

読んでね♪

光目覚まし時計とは?

ここまでお話してきてですが、

そもそも「光目覚まし時計」ってなんだよ?

って人もいるかと思いますので、まずはそこから説明していきます。

自然に体を起こすことができる

普段の目覚まし時計。iPhoneでアラームかけて、毎朝起きる人多いですよね?

あれびっくりしませんか?

強制的に起きることができますけど、体がだるーいような感じは続きます。

でも、「光目覚まし時計」なら自然に体を起こすことができるんです。

「セロトニン」の分泌が増える

目覚めを促す物質「セロトニン」の分泌を増やすことができます。朝日を浴びたような起き方に近いからです。

また、「セロトニン」は夜にぐっすり眠るための「メラトニン」の原料にもなります。朝気持ちよく起きるだけでなく、夜にぐっすり眠るのも助けてくれます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
光目覚まし時計を使って、1日と覚醒と睡眠をコントロールしましょう。

代表的な光目覚まし時計

moonmoon 「inti4s」


この光目覚まし時計はマジでおすすめです。

光量も20000ルクスと、他の光目覚まし時計と比べても明るさも段違いです。光目覚まし時計ってわからない・・。「でもどうせ買うならいいの買っておきたい」方は、迷わずこの商品にしましょう。

 

でも・・

「価格が・・」

「ちょっと初めて買うのには手が出しにくい」

という方もいると思います。

そんな人にはこちらがオススメです。

YABAE 光目覚まし時計


これならお試しで買うのも手が出せそうですね。

光の量も書いてなくて怪しいな・・ってのもありましたが・・

実際購入して試してみました。

YABAE 光目覚まし時計とは?

パッケージはこんな感じです。
裏面も。2つの脚がついてて支えるタイプですね。

 

後ろにコードを設置します。なので、電池で動くタイプではないですね。コンセント必須!!

薬剤師のポン
薬剤師のポン
しっかりした光量を集めるため、電源はいりますね。LEDなので、長持ちしそう♪

組み立て完了

薬剤師のポン
薬剤師のポン
設置自体は5分かからなかったですね。

枕元に置いてみて、使い始めました。実際にライトをつけてみると・・

おお!明るい!!

実際にこれで起きられました。やっぱり光で起きるからスッキリとした目覚めが得られます。

「うるさい!!」でなく「まぶしいな・・」

って感じで起きられるのでストレスはないですね。

心配な方には音アラーム機能もある

「本当にこれだけで起きられるの?」

「もし起きられなかったらやばい」

という方にも!!音のアラーム機能がついています。「小鳥のさえずり」「波の音」などの自然派から、「ジリリリリ」と代表的なアラーム音まで。また、ラジオを流すこともできます。

これは結構いいかも。まだ使ったことないけど(笑)

総評

「光目覚まし時計」は良い!!

朝のすっきりした目覚め。よるぐっすり眠るためにも、「光目覚まし時計」を使ってみては?

薬剤師のポン
薬剤師のポン
僕はYABAEの光目覚まし時計で起きることができましたが、心配な方は、「inti4s」を買うのもありだと思います。

ではでは♪

 

 

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA