投資

「ふるさと納税」とは?現役薬剤師が語る!!ふるさと納税のメリット・デメリットについて紹介

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

この記事では、「ふるさと納税」について現役薬剤師であるポンが熱く語っていきたいと思います。

皆さんは「ふるさと納税」についてご存じですか?

最近はよくCMでもさまざまなサイトで紹介されていると思います。

ですが、実際に周りに手を出している人は少数・・。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
僕は、薬剤師などの、収入がそれなりに安定している方は、「節税」という意味でも「ふるさと納税」をやった方がいいと思います。

その理由について、詳しく説明していきます。

読んでね♪

ふるさと納税とは?

ふるさと納税で日本を元気に!

地方で生まれ育ち都会に出てきた方には、誰でもふるさとへ恩返ししたい想いがあるのではないでしょうか。

育ててくれた、支えてくれた、一人前にしてくれた、ふるさとへ。

都会で暮らすようになり、仕事に就き、納税し始めると、住んでいる自治体に納税することになります。

税制を通じてふるさとへ貢献する仕組みができないか。

そのような想いのもと、「ふるさと納税」は導入されました。

※引用:【総務省 ふるさと納税ポータルサイト】ふるさと納税の理念

 

「納税」という言葉がついていますが、この引用文にもあるように、

「税制を通じてふるさとへ貢献する仕組み」

※引用:【総務省 ふるさと納税ポータルサイト】ふるさと納税の理念

ということなので、実際には、都道府県、市区町村への「寄付」です。

自治体に寄付をすると、確定申告を行うことで、寄付した額の一部が、所得税及び住民税から控除されます。

「ふるさと納税」は、原則として、自己負担額の2000円を除いた全額が控除の対象となります。

また、本来確定申告を行う必要がなかった給与所得者については、「ふるさと納税ワンストップ特例制度」という制度があります。

あらかじめ、申請しておくことで、確定申告が不要になります。

ふるさと納税をするメリット

実質2000円で、各地の返礼品が貰える!!

これが、ふるさと納税最大のメリットだといえるでしょう。

実質2000円を支払うことで、各地の返礼品を獲得することができます。

ワンストップ制度の登録や、確定申告をすることで、すでに支払った分が、税金から控除されるからです。

年間2000円を支払うだけで、美味しいものがいろいろ食べられると思うと、ワクワクしませんか??

複数の地域に寄付ができ、それぞれの地域の魅力を知ることができる。

実際に、「ふるさと納税」をすることでだんだんわかってくるとは思いますが、

それぞれのサイトに行くと、各地の返礼品を検索することができます。

 

薬剤師のポン
薬剤師のポン
この地域って、こんな名産品があるんだ!!
薬剤師のポン
薬剤師のポン
やっぱりここの名産品はコレだよね!!

など、日本の各地の名産品を知る事ができ、そこに「寄付」することができると思うと、ちょっと愛着がわいてきます。

ふるさと納税をするデメリット

確定申告を行わなければならない

返礼品を獲得するために、前もって、それなりにお金を払っていますので、毎年の確定申告で、払いすぎているお金を税金控除として取り扱ってもらわなければなりません。

そのために、「確定申告」を忘れずに行い、きっちりお金を取り戻すようにしましょう。

これを行うと、ちょっと高い買い物で、各地の美味しいものを取り寄せている。

というだけになってしまいます。

ただただショックしか残りませんよね・・・。

ただ、フリーランスの方などは確定申告必須になってきますが、サラリーマン薬剤師にとっては「ふるさと納税ワンストップ制度」というものがあります。

これを手続きしておくと、確定申告が不要になります。

1年間で5自治体までであれば、この制度を利用できます。

  • ■控除対象は住民税のみ※所得税控除の上限に抵触しない場合は、ワンストップ特例制度と確定申告で控除額合計としては、原則的には差はありません。
  • ■ふるさと納税をする都度、ワンストップ特例申請書の提出が必要
  • ■「寄付金税額控除に係る申告特例申請書」の送付締切に注意
  • ■申込内容が変わった場合は期限までに変更届出書の提出が必要
  • ■確定申告を行うとワンストップ特例制度による申請は無効

さとふる公式サイトより引用

薬剤師に「ふるさと納税」がおすすめな理由

ここまで「ふるさと納税」のメリット・デメリットについて紹介してきましたが、なぜ薬剤師にオススメなのでしょうか?

その理由について紹介していきます。

それなりの寄付金額を用意できる

年収によって、納税額の年間上限が決まっています。

薬剤師の方なら、安定した年収がある方が多いため、新人薬剤師の方でも、「ふるさと納税」を活用しやすいと思います。

控除額 控除額 控除額
給与収入(年収) 独身 夫婦のみ 夫婦と子

(16歳~18歳)

450万円 52,000円 41,000円 33,000円
500万円 61,000円 49,000円 40,000円
600万円 77,000円 69,000円 60,000円
700万円 108,000円 86,000円 78,000円
800万円 129,000円 120,000円 110,000円

参考:総務省 ふるさと納税ポータルサイト

確定申告の勉強になる

普段サラリーマンとして働いている薬剤師の方は、「確定申告」について触れない方がほとんどです。

薬剤師に限らずですが、会社の年末調整だけで問題はないので、税金について細かく考える機会がありません。

「ふるさと納税」をすることで、自分がどれくらいの税金を支払っているのか?

「確定申告」をすることでどれくらいの税金が、どの税金を通して控除されるのかを知ることができます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
普段は勉強することのない分野に触れることになります。自分の資産形成の勉強のきっかけにもなりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

薬剤師は、普段は、薬の勉強については、欠かす方はほぼいないんじゃないかと思います。

しかし、お金の勉強をする方は、薬の勉強に比べたらしっかりやっている人はごく少数だと思います。

健康とお金は、別々に感じるかもしれませんが、どちらかが欠けていては成り立たないものでもあります。

老後の事を考えて、いまからコツコツとお金の勉強をすることも必要です。

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA