転職

「マイナビ薬剤師」の転職活動 メリット、デメリットまとめ

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

 

この記事では、マイナビ薬剤師を使った転職活動について、実際にマイナビを利用したポンがマイナビ薬剤師のメリット、デメリットについて紹介します。

読んでね♪

マイナビ薬剤師とは?



マイナビ薬剤師とは、日本で最大級の、薬剤師、求人転職サイトです。

転職をお考えの薬剤師さんに、キャリアアドバイザーが希望に合った求人を紹介してくれて、転職をサポートしてくれます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
転職サイトを探していたら、「マイナビ薬剤師」を目にすることは多いと思います。

マイナビ薬剤師の登録の流れ

取得している資格の登録

取得している資格。又は、資格取得予定のものを入力しておきましょう。

  • 薬剤師
  • 認定薬剤師
  • 薬剤師取得見込
  • 登録販売者

転職の希望時期の確認

転職希望時期について確認されます。

  • 1カ月以内
  • 3カ月以内
  • 6カ月月以内
  • 6カ月より先
  • 良いところが有り次第
  • 未定

担当アドバイザーの方からも、後で確認されますが、明確に決まっているのならこの時点でブレずに記載しておきましょう。

「良いところが有り次第」という選択もあります。

 

希望の働き方

希望の働き方を選択しましょう。

  • 正社員
  • 契約社員
  • パート(週3以下)
  • パート(週4~5日)
  • こだわらない

 

現在の状況、個人情報の登録

現在の状況について、また、個人情報についてです。

お名前、生年月日、お住まいのエリアについて聞かれますので、入力していきます。

登録完了

おつかれさまでした。

 

 

登録してからの流れ

担当のキャリアアドバイザーからの連絡

入力してから、担当してもらうキャリアアドバイザーの方から連絡があります。

その時に、登録時に記載した内容の確認と、もう少し条件を詰めてお話をしてくれます。

それから、具体的な求人を紹介するための準備をしてくれます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
僕は、次の日の朝に連絡がありましたが、仕事で電話をとれなかったので、メールが入っていました。

メールで連絡可能時間をお伝えすると、その時間に合わせて連絡してくれましたので、条件をもう少し詰めてお話することができました。

求人の紹介

最初の連絡が終わった後、担当のキャリアアドバイザーの方から、「〇〇日」までに、求人を作って提出しますので、一度目を通してください。

とお話をしてもらいます。

その後、求人資料がPDFで送られてきますので、それに目を通して、自分が興味ある求人が入っているかを探します。

後日、アドバイザー方とお話をしていきます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
2回目の連絡の時は、「求人情報もしっかり入っているため、お話は1時間ほどお時間取らせていただきます。」

と前もってアドバイザーの方からお話をいただきました。

時間をしっかり作れる時間にお話した方がいいです。

面接、条件交渉

ある程度興味ある求人がそろったら、条件交渉と、面接準備のお話にはいります。

条件については、なるべくはっきりとアドバイザーの方にお伝えしましょう。

後で後悔するくらいなら、今しっかりアドバイザーの方に頼って探してもらっていた方が間違いありません。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
企業勤め、年収700万、引っ越しなしなど。

多少無茶だと思う条件でもお話をさせてもらいました。

それでも、叶わなくとも、近い条件で求人を用意してくださいました。

転職したい求人が決まりましたら、面接の準備に入ります。

面接日が決まる前に履歴書の作成を済ませてコンサルタントに提出しましょう。

面接日に関してはコンサルタントが企業と交渉してくれますので、第3希望ほどの日程を提出しましょう。

転職

内定が出ると、コンサルタントを通して内定の連絡が入ります。

内定が確定すれば、入社時期の相談が始まりますのでコンサルタントに入社日を伝えましょう。

マイナビ薬剤師のメリット

アドバイザーの対応が迅速

次の日には、電話をもらって、自分の要望の詳細の確認、情報のすり合わせをしてもらいました。

そして、次に求人情報を提案する日と、次回の打ち合わせをその電話で行ったので、2回目、3回目の打ち合わせがスムーズに進みました。

求人情報の説明が濃い

多少無茶な求人のお話をさせてもらいましたが、次回の打ち合わせの日には、年収等がそこまで叶わなくとも、近い求人情報をもってきてくださいました。

また、なぜこの要望は通りづらいのかなど、理由も含めてお話してくださいましたので、受けている側も納得がいきました。

また、紹介してくれている求人は、既に面接オファーをいただいていたりと、用意もしっかりしてくれています。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
その気があればすぐにでも大丈夫ですよ。とお伝えしてくれる案件も多数ありました。

非公開求人を多く取り扱っている

マイナビ薬剤師のHP以外の、非公開求人もマイナビ薬剤師は多く取り扱っています。

自分自身で選ぶだけではなく、アドバイザーに紹介してもらう非公開求人も視野にいれて選択できます。

企業求人など、レアな求人情報をお求めの方は、すぐに埋まってしまいます。

そこらの求人を狙う方なら、早めにアドバイザーに相談しておくことをおすすめします。

掲示板が見れるアプリがある

ヤクザイトーク by シゴトーク
ヤクザイトーク by シゴトーク
開発元:Tenxia, Inc.
無料
posted withアプリーチ

薬剤師の声が聞ける、業務内容の質問ができる掲示板があります。

薬剤師だけでなく、登録販売者などもわからないことなどを掲示板に書いて聞いています。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
僕もその質問に答えたことがあります。

また、薬剤師の関わるニュースがピックアップされていますので、それを読むこともできます。

このアプリに目を通すのだけでも、登録してて価値があると感じました。


 

マイナビ薬剤師のデメリット

早期の転職をすすめてくる

求人紹介に積極的なアドバイザーが多いため、早期の転職をすすめられる傾向にあります。

転職を早期に考えている人にはいいかもしれませんが、腰を据えてゆっくり考えている方には急かされている感が出てきます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
特にレア求人の場合は、昨日入ったばかりの求人のため、早期の決断が必要です。とあからさまに決断を迫られたこともあります。

気持ちはわかりますが、もともとじっくり考えたいとお話していたので、いい気分ではなかったです。

年収ベースで考えている転職にはあまり期待できない

マイナビ薬剤師で紹介される求人情報は、年収をベースで考えている方にはデメリットに感じる方が出てくると思います。

ポンも実際の転職で、今の職場と同じ調剤薬局での希望を出したところ、自分の収入より多くなる職場は望み薄と言われました。

調剤薬局で年収500万を言われましたが、年収をベースに考えると、転職する必要性がないかと感じました。

マイナビ薬剤師は、採用企業とのマッチングを重視している傾向にあります。

年収ベースで転職を考えている方は、別の転職サイトをおすすめします。

まとめ

いかがだったでしょうか?

マイナビ薬剤師のメリット、デメリットについてまとめました。

転職サイトによって、メリット、デメリットはありますが、転職サイト選びも大切です。

複数の転職サイトに登録し、自分にあったアドバイザーの人に紹介してもらうのも一つの手だと思います。

転職サイトをまとめた記事もありますので、よろしければこちらもどうぞ。

「薬剤師の転職を考える方へ」おすすめ転職サイト15選を紹介!! 転職を考えているけど、どうやったらいいかわからない。 転職で失敗したくない。 いざ薬剤師が転職し...

ポンマガジンは、薬剤師、薬学生応援ブログです!!

薬剤師に夢を届けたい!!

ではでは♪

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA