旅行

USJから徒歩7分!!ホテルユニバーサルポートヴィータ宿泊体験記

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

行ってきました~!!

USJ!!

というかそれよりも今日は、USJの前泊で訪れた、ホテルユニバーサルポートヴィータが、オシャレすぎた件について語っていきたいと思います。

読んでね♪

USJから徒歩7分の立地!

もうこれがなんといっても便利なところです。

USJのパートナーホテルになるそうで、立地は盛ってなく、USJから徒歩7分のところでした。

ホテルからUSJも見ることができます。

梅田で軽く食事を済ませ、前泊しました。

ホテルユニバーサルポートヴィータ:ロビー

玄関入ってすぐに、クリスマスミニオンのお出迎えです。

チェックアウト時の朝、これの写真を撮るためだけに訪れている方もいました。

いわゆる「インスタ映え」スポットですね。

ロビーはミニオンだらけです。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
USJの世界観そのままなので、明日のUSJへの気分がアガります♪

 

 

フロントで受付時に、「ミニオンのスライド式パスケース」をもらいました。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
これはテンションアガりますね♪

ホテルユニバーサルポートヴィータ:お部屋

8階のお部屋に案内されました。

パーク側のホテルだったので、閉園になったUSJを見渡すことができます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
パーク側か、逆側かは選ぶことができないので、今回はたまたまでした。やった♪

洗面台もキレイで広々です。

アメニティグッズも豊富♪

すべてミニオンのパッケージ入りです。

ミニオンの世界観はそのままですね♪

お風呂もセパレートタイプの広々お風呂です。

ユニットバスがあまり好きじゃない僕にとってはサイコーです♪

二人ではゆったりすぎるホテル空間で明日のUSJに向けて英気を養うことができました♪

ホテルのテレビではミニオンが放映されているので、行く前に気分をアゲていくのにサイコーですね♪

パートナーホテルに泊まるメリット

朝の身支度がゆっくりできる

歩いてすぐにUSJに行けてしまうので朝の身支度はゆっくり行うことができます。

朝食もホテルでとることもできますが、せっかくなので、ユニバーサルシティのお店で朝食をとるのもおすすめですね♪

9時開園だったので、8時ごろにホテルを出ました♪

薬剤師のポン
薬剤師のポン
ユニバーサルシティの「ドトールカフェ」で朝食。ゆっくり入園ってのもありですね。

前日から気分をアゲられる

せっかくUSJに行くんだから、テーマパーク特有の「魔法」にかかっていたいです。

ミニオンだらけのホテルなので、USJ前の気分をMAXにした状態で入園することができますね♪

パートナーホテルの綺麗な夜景を楽しめる

USJに限らずですが、テーマパーク付近はパークも近く、キレイな夜景が多いです。

高層ホテルから、お酒を飲んで、キレイな夜景を楽しむ。

サイコーな夜ですね♪

フロントでパークのことをいろいろ教えてくれる

僕がホテルに行ったときは、任天堂エリアがチケット制でしたので、フロントのスタッフの方が、「任天堂エリアのチケットの取り方」について、用紙を添えて詳しく説明してくださいました。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
当日はスムーズに任天堂エリアに入ることができました。

意外とリーズナブルに宿泊することができる

立地もよくて、眺めもよくてってなると・・

「お高いんでしょう???」

という意見がでそうですが、実は選べばそうでもありません。

実際今回の「ホテルユニバーサルポートヴィータ」は一人4125円で宿泊することができました♪

薬剤師のポン
薬剤師のポン
ポイントを使えばさらにお値引きです!!

 

じゃらん申し込みのプランで、この価格で宿泊可能です。



朝早起きして準備していくのを考えると、オトクすぎる値段でした♪

[2021年]USJから徒歩7分!!ホテルユニバーサルポートヴィータ宿泊体験記 まとめ

  • USJから徒歩7分の立地!
  • ミニオンが隠れるホテルでUSJへのテンションがMAXになる
  • 前日から楽しい夜を過ごすことができる
  • ゆっくりした身支度ができる
  • フロントでパークを楽しむためにいろいろ教えてもらえる
  • 意外とリーズナブルに宿泊することができる

いかがだったでしょうか?

「ホテルユニバーサルポートヴィータ」の魅力について語りました。

USJに宿泊する時は、オススメなのでぜひ宿泊を考えてみては??

ではでは♪

 

 

 

 

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です