働き方

「薬剤師のダブルライセンス」おすすめ資格9選 

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

この記事では、薬剤師が+αで取るべき資格について紹介しています。

認定薬剤師の資格一覧については過去の記事でも揚げましたが、今回の記事はこれとは違い、薬剤師免許とは直接関係のない資格も入っています。

[認定薬剤師を目指す方へ]認定薬剤師制度21種類について紹介 この記事では認定薬剤師の種類について、現役薬剤師が紹介していきます。 読んでね♪ 認定薬剤師とは? HIV感染症薬物療...

薬剤師としてのスキルアップもでき、また、違う視線を養うことができるスキルだと思います。

読んでね♪

「薬剤師のダブルライセンス」おすすめ資格9選

ケアマネージャー

要介護者や要支援者に対して、訪問介護や、デイサービスを受けることができるようにケアプランを立てたり、地域包括センターや、サービス事業者、施設、病院、薬局と連携を取るための国家資格です。

利用者がサービスを受ける上で必要な必要書類の代行も行います。

薬局や病院で薬剤師として勤めていれば、在宅業務時などで、連携をとる機会があるとおもいます。

実際に自分も「ケアマネージャー」としての働き方がわかれば、もっと円滑に在宅業務を進められることができます。

「ケアマネージャー」の資格を取ることで、「薬剤師」としてもスキルアップすることができます。

資格認定に必要な条件

  1. 保険・医療・福祉分野での実務経験5年以上
  2. 介護支援専門員実務研修受講試験に合格する
  3. 介護支援専門員実務研修を受講する

参照:厚生労働省HP

認定期間・費用

  • 認定期間:5年
  • 費用:12800円

サプリメントアドバイザー

保健機能食品や、サプリメントの商品について、各人に合わせたさまざまなアドバイスができるようになる資格です。

今では予防医療やセルフメディケーションで、サプリメントを求める人たちが増えています。

サプリメント需要はこれからも上がっていくことが予想されます。

薬剤師として、薬の知識について、患者さんにアドバイスができるのはもちろんですが、同時にサプリメントについてもアドバイスができるようになれば患者さんの未病を拾うことにつながります。

最近薬局やドラッグストアでは、処方箋の保険調剤だけでなく、薬の相談窓口として、薬剤師の需要が増えてきました。

その患者さんの栄養状態に合わせてサプリメントを選ぶ知識が身につけば、薬の兼ね合わせも含めて、密度の濃いアドバイスをすることができるようになります。

薬剤師のステップアップとしても間違いない資格です。

メディカルアロマセラピスト

アロマを用いて、心身の不調や健康状態の改善、または予防を行うことができる資格です。

アロマセラピーは日本では医療行為ではないですが、さまざまな研究が進められており、これからの医療に間違いなくかかわってくるものです。

また、「薬剤師」と資格をもったうえで、「アロマ」を扱うため、「薬剤師がお伝えするアロマ」として、患者さんや一般の方に興味を持たれる内容のお話ができるようになるでしょう。

心理カウンセラー

相談者の心の問題や、悩みに向き合い、対話を通して心理的な支援を行うことができる資格です。

服薬指導もお話ですよね。

いろんな事をお話してくれる患者さんもいれば、まったく自分の事を打ち明けてくれない方もいます。

患者さんが不安に思っていること、知りたいことがわかれば、それに対して深い指導をすることが可能です。

同じお薬の説明でも患者さんの満足度が変わってきますね。

服薬指導は経験がものをいうスキルではありますが、資格や知識に頼った「やり方」を身に着けるためにも心理カウンセラーはおすすめの資格です。

最近はアドラー心理学の本が出たこともあり、ビジネス本としてもたくさんの方が手に取って学んでいます。

「心理学」は今需要がある学問になります。

日商簿記

1級~3級まであります。

簿記とは、「帳簿をつけるスキル」のことです。

会社経営に必要な、帳簿付けや、損益計算書、貸借対照表などの財務諸表の作成が可能となる資格です。

3級は、ビジネスマンであれば、身に着けておきたい、会計知識を身に着けることができます。

また、薬局で働く管理職なら、経営上の数字に強くなっておく必要がありますので、この資格を目指すことで、サラリーマンとして働いていても、経営についての理解が深まります。

宅地建物取引士

新規オープンのためには、土地や建物の賃貸契約が必要です。

不動産の適正価格を知って、上手な取引を行うためにも、「宅地建物取引士」を持っていると効果的です。

社会福祉士

高齢者や障害者、または生活保護を受けている方々などの、福祉サービスを必要とする人と相談して、助言や、援助を行うための国家資格です。

薬剤師は、「医療」についてお話できることは多いですが、「福祉」については知らないことが多いです。

「社会福祉士」の資格を取ることで、「医療」と「福祉」の両面から、幅広い相談にのることが可能となります。

食生活アドバイザー

「食」に関して幅広い知識をもつことができる資格です。

受験資格がないため、仕事をしながら「食」についての知識を身につけるには、とっかかりやすい資格です。

服薬指導時にも、食事に関しての相談を受ける薬剤師は多いです。

今まで以上に深いアドバイスができるようになると思います。

ファイナンシャルプランナー

税金、保険、年金、株式、不動産などの、「生活設計」や「お金」に関する知識が身に着く資格です。

医療保険については、薬剤師として働いていると、基礎知識は身に着くと思いますが、「がん保険」などの民間の保険にも詳しくなることができます。

将来の自分の人生設計にも役立つ資格なので、取っておくのがオススメです。

番外編

最後に資格ではないけれど、もっていたら働き方に有利になるスキルについて、ポンの経験談を元にお話していきますね。

IT(パソコンスキル)

個人的におすすめなのが、IT(パソコンスキル)です。

薬剤師等、医療従事者でパソコン強い方ってあまりいないのが現状です。

逆に言えば、パソコンスキルがあるととても目立つ存在になります。

大きい会社では、別にエンジニアの人が他の部署でいたりしますので、その人たちとのパソコン関係の業務内容の橋渡し的な存在になることができます。

また、小さい会社ではHP作成を任されたり、それこそ機械トラブル時に呼ばれたりと、その会社にとっても唯一無二の存在になることができます。

薬剤師としてスキルがあり、その上パソコンスキルがあれば鬼に金棒ですよね!!

薬剤師のポン
薬剤師のポン
僕もブログを書くスキルやパソコン関係に詳しいことで、会社で頼られることが多々あります。

SNSスキル

 

この投稿をInstagramで見る

 

薬剤師のポン(@ponnenmaru6)がシェアした投稿

SNSでの発信する力があると、会社の中でも貴重な存在になります。

自分をPRする力ですし、また、その力を会社の宣伝にも活かすことができます。

やり方もコツがありますし、SNSを伸ばすためのさまざまな本があったりします。

正直ポンの経験上は「やってみて学ぶこと」がとても多いので、まず自分のビジネスアカウントを立ち上げてみてやってみたらいいかと思います。

Instagramでも、Twitterでも、TikTokでも、YouTubeでもなんでもOKなので、まずは始めてみましょう。

僕の経験談を元にした記事も参考までに載せておきます。

Instagram(インスタグラム)フォロワーを増やすためにやるべきこと ブロガーとして活動し始めて、1年ちょっと・・ 同時にSNSを始めて1年経ちました。 InstagramとTwitte...

 

「薬剤師のダブルライセンス」おすすめ資格9選  まとめ

薬剤師にも、薬剤師以外の資格をとっておくことで、「普段とは違った目線」を養うことができます。

複数の目線を持つことで、本業自体のスキルアップを目指すことができます。

また、薬剤師がダブルライセンスを持つことで、自分の市場価値を高めることができます。

これは、転職する時になっても非常に有利になりますのでオススメです。

しかし、ダブルライセンスの資格を目指すあまり、本業が疎かにならないようにしましょう。

最低限の薬剤師としてのスキルがあってこそ、ダブルライセンスが活きてきます。

ダブルライセンスの活きる調剤薬局の転職なら

薬キャリ

  • 薬剤師登録者数No1
  • オーダーメイドで求人を紹介
  • 全国に40000件以上もの求人案件を保有

登録するだけでAmazonギフト3000円相当と交換可能なポイントがでもらえます

現役薬剤師が語る!!薬キャリのメリット、デメリットについて 今日はポンもお世話になったことがある「薬キャリ(エムスリー)」の体験談について紹介します。 これから転職を考えている方が、...

ファルマスタッフ

  • 年収600万以上の求人が多い
  • 派遣やパートにも対応

運営元が日本調剤。調剤薬局の求人数が多いのが特徴。

キャリアアップに力を入れています。

正社員だけでなく、派遣やパートの求人案件も数多く所有しています。

利用した方の「転職満足度」が高いサイトとなっています。

[ファルマスタッフ]の評判とは?転職活動についてまとめ この記事では、 転職活動を始めたいけど、何からすればいいのかわからない・・ どの転職サイトを使ったらいいか悩む・・ ...

 

ポンマガジンでは薬剤師、薬学生を応援します。

薬剤師、薬学生に夢を届けたい!!

ではでは♪

 

[2022年版]「薬剤師の転職を考える方へ」おすすめ転職サイト15選を比較!! 転職を考えているけど、どうやったらいいかわからない。 転職で失敗したくない。 薬剤師から評判の良い転職サイト...

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です