働き方

病院薬剤師の仕事内容とは? 現役薬剤師が語る!

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

この記事では、病院薬剤師の仕事内容について、現役薬剤師であるポンが紹介していきたいと思います。

読んでね♪

病院薬剤師の仕事内容とは?

最近注目されつつある「病院薬剤師」

2020年には病院薬剤師が主人公の漫画「アンサングシンデレラ」がドラマ化され、一躍話題となりました。


では、実際に病院薬剤師はどのような仕事内容なのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

調剤業務

通常の内服薬や外用薬、注射薬の調剤や無菌製剤の混注など、病院薬剤師は多くの薬剤を取り扱います。

外来の患者さんに対して院外処方せんを発行している病院も増えていますが、院内処方を採用している病院もまだまだ多くあります。

病棟業務

病棟業務では、入院中の患者さんに対して服薬指導を行います。

服薬指導を行う時、患者さんの現病歴や既往歴についてまた、副作用歴を詳しく聞き取り、これから使用する薬の説明を行います。

また、服用開始後は、しっかり服用できているかを確認し、薬が効いているのか、副作用がでていないかをチェックします。

また、その情報を医師や看護師と共有します。

チーム医療

医療チームでは、さまざまな職種のプロフェッショナルたちが、医療現場の最前線で連携して働くこととなります。

チームのメンバーは医師や看護師だけでなく、事務職員なども含んだ多職種で構成されており、様々な専門家の意見を取り入れて治療に生かしていくのです。

その中で薬剤師は、多職種のスタッフとともに患者情報の共有や意見交換をし、治療方針の検討に加わります。

また、医療スタッフ向けに医薬品に関する講義などを行うこともあり、薬の専門家としての力を発揮します。

病院薬剤師として働くメリット

臨床に携わることができる

病院薬剤師は一番現場に近い薬剤師といえます。

患者さんとも触れ合うことが多いため、臨床の症状を知ることができます。

 

チーム医療に参加できる

薬局薬剤師でも、地域のDrとの在宅医療など、多職種連携する機会はありますが、病院薬剤師になると、院内でのチーム医療の一人として活躍することができます。

薬の専門家として判断をゆだねられる部分も数多くでてきますので、やりがいを感じることができるでしょう。

病院で働いてこその知識を身につけることができる

 

医師や看護師と共に働くことによって、他職種の方から治療方針を学んだり、看護方法を学んだりと、薬剤師業務だけでなく、病院ならではの知識を身につけることができます。

また、患者さん以外からの質問も数多く受け付けることになりますので、コミュニケーション能力を発揮する場にもなるでしょう。

専門薬剤師の資格取得を目指すことができる

[認定薬剤師を目指す方へ]認定薬剤師制度21種類について紹介 この記事では認定薬剤師の種類について、現役薬剤師が紹介していきます。 読んでね♪ 認定薬剤師とは? HIV感染症薬物療...

専門性が認められる科目には「専門薬剤師」という資格があります。

専門薬剤師の資格ごとに、勤務して5年や、薬学的な介入実績が求められるなど、一定の条件があります。

臨床経験などが加味されるため、まさに現場で働く病院薬剤師は、専門薬剤師の資格を目指しやすい環境にあるといえるでしょう。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
研究や論文発表にも最適な環境といえるでしょう。

病院薬剤師として働くデメリット

給料が低い

 

薬剤師の初任給は、他の薬局薬剤師や、ドラッグストアの薬剤師と比べて低くなってしまいます。

夜勤がある

病院によっては夜勤があるところも。

夜勤がなくても、、救急当番の日だけでほかの日はオンコール体制(勤務時間外であっても、緊急事態に応じられるよう待機している状態)をとっているところもあります。

夜勤と聞くと、ハードなイメージがありますが、夜勤の忙しさも病院によって違うため、事前に調べておくことが大事です。

病院薬剤師 かずぴーさんにインタビュー!!

では、現場の声を実際に聞いてみたいと思います。

Twitterで知り合った病院薬剤師のかずぴーさんに、現場の病院薬剤師代表としてインタビューしました。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
今日はよろしくお願いします。

かずぴーさん
かずぴーさん
今日はよろしくお願いします。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
現在の勤務スタイルはどのような感じですか?

かずぴーさん
かずぴーさん
平日の日勤帯、平日夜間の当直、休日の日当直、というような勤務スタイルです。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
病院薬剤師として働いて、やりがいを感じる、楽しいと感じることは何かありますでしょうか?

かずぴーさん
かずぴーさん
入院された患者さんが元気な姿で退院されたとき、やりがいを感じます。

服薬指導の際に患者さんから悩みや不安を聴いて、主治医へ薬剤の提案や、減量・中止の提案をして、患者さんの状態が良くなったときは本当に嬉しくなります。

医師や看護師などから薬剤に関する問い合わせがあった際、最適な解答をすることが出来たとき、薬剤師の職能を発揮していると実感します。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
働いていて、つらいと思うことはありますか?

かずぴーさん
かずぴーさん
患者さんの状態が良くならず、亡くなってしまうときが一番辛いです。

薬剤師として、もっと何か出来たんじゃないかと思うことが日々あります。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
最後に、将来の薬剤師像について教えてください。

かずぴーさん
かずぴーさん
抽象的な目標ではありますが、病院薬剤師として、今よりさらにチーム医療に貢献していきたいと思います。

そのためには、専門的な知識が必要となるので、認定薬剤師や専門薬剤師を取得して自分の得意分野でチーム医療のサポートをしていこうと思います。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
ありがとうございました!!

病院薬剤師の仕事内容とは? 現役薬剤師が語る!まとめ

いかがだったでしょうか?

この記事では、病院薬剤師の仕事内容、また実際に働いている方にインタビューしたことをまとめました。

これから病院薬剤師への就職、転職を考えている方に参考になれば嬉しいです。

最後になりますが、快くインタビューを受けてくださったかずぴーさん。

ありがとうございました。

病院薬剤師への転職なら

[病院への転職を考える人へ]薬剤師が病院へ転職するコツ5選 この記事では、薬剤師が転職する時に、考えなければならないこと。 知っていた方がいい知識などについて、実際に転職経験のあるポ...

ポンマガジンは、薬剤師の生き方を追求するブログです。

薬剤師、薬学生を応援したい!!

ではでは♪

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です