働き方

「薬剤師の10年後は?」薬剤師の未来について現役薬剤師が語る!

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

  • 今日は、薬剤師の10年後は?
  • この仕事っずっと続けてても大丈夫なの?
  • だって薬剤師って一生安泰でしょう?

というフワっとした薬剤師の10年後に対して、現役薬剤師であるポンが自分の考えについて熱く語っていきたいと思います。

読んでね♪

薬剤師は安泰というイメージ

僕は薬剤師免許をとってから、

周りの人に、

  • 「もう一生安泰じゃん。」
  • 「お金に困ることないね。」

などと言われました。

その時は、

「実際のところそうなのかな?」

と思ってましたが、

今の僕の考えでは、安泰かもしれないが、危機感もあります。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
自分の中では半々な感じがしますね。

正直「薬剤師」という仕事は、社会にとって絶対必要な、「医療の仕事」です。

今のところ、職がなくて困るというリスクはほとんどありません。

しかし、「薬剤師」をはじめ「医療」を取り巻く環境は日々変化しています。

私たち薬剤師はこの微妙な変化を感じ取り、日々対応していかないと、明るい未来はないかもしれません。

10年後、薬剤師の需要は?

厚生労働省は、2028年には薬剤師が40万人を超えると試算しています。

そして全国での薬剤師需要は年々微増を重ねるものの、28万人弱にとどまると予測されています。

つまり、約10年後には、12万人以上の薬剤師たちが余ってしまうことになります。

しかし、本当にそうでしょうか?

実際現在の薬剤師で務める方の職場で、「薬剤師不足」が解決されている職場ってそんなにあるんでしょうか?

少なくとも身近なところでは「薬剤師不足」が解決されているような職場は見たことがありません。

薬剤師が足りる、もしくは余るようになることは考えにくいことが予想されます。

しかし、薬剤師が足りないから転職し放題、就職し放題の時代ではなくなってくるでしょう。

10年後も薬剤師は必要とされる

薬剤師の需要は10年後も変わらずあると思います。

しかし、能力の低い薬剤師は淘汰されていくことも予想されます。

コロナのこともあり、

  • 転職で待遇が悪くなる
  • 再就職が難しくなる

ということも実際におきており、加速したように感じます。

10年後も必要とされる理由

  • 一般職は、2倍に満たない求人倍率が、薬剤師は3.5倍以上(2020年10月時点)
  • 女性の多い職場のため、有資格者が増えても、産休などを機に、職場復帰しない方も多い。
  • ドラッグストアや調剤薬局など、新しい職場はどんどん増えている。

薬科大学も増えたとはいえ、各大学も学生の確保に苦労しています。

[薬剤師が余る未来]はまだまだ想像がつきにくいですね。

スキルのある薬剤師が生き残る

昔に比べ、どんどん薬剤師の仕事は増えていっています。

調剤薬局なら処方箋を受け付けて、調剤するという仕事から、在宅業務、服薬情報提供書の作成、OTCの相談受付など、同じ薬剤師に求められることが増えてきました。

ただ「薬剤師免許がある」だけでは就職や転職が難しくなっている時代に入ってきています。

また、薬局なら、外来業務だけでなく、「店舗のマーケティング」「売り上げを把握する力」等が求められます。

2年ごとの調剤報酬改定の影響で、時代に合った薬局にしていくことが必要とされています。

今でも「地域連携薬局」や、「健康サポート薬局」といった、新しい薬局の形を国から求められています。

[地域連携薬局とは?]役割や認定要件について 現役薬剤師が語ります この記事では、2021年8月より始まった、「地域連携薬局」という認定制度について、役割から、認定要件について、細かく紹介してきま...
[健康サポート薬局とは?]現役薬剤師が徹底解説!! この記事では、「健康サポート薬局」について、役割や、認定要件について、現役薬剤師であるポンが徹底解説していきます。 これか...

薬剤師のポン
薬剤師のポン
薬剤師の能力以外の事も必要とされてきていますね。

  • 一つの薬局でステップアップしていく
  • どこにいっても自分の経験を発揮できる

これらの薬剤師が生き残っていくと僕は考えています。

薬剤師としてのキャリアプランを立てることが必要

  • どういう薬剤師に自分がなりたいか?
  • 10年後、20年後にどのような働き方をしていきたいか?

自分で考えた「キャリアプラン」があればそこに向かうようために、どういうことをすればいいかが見えてくるでしょう。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
自分の目標を決めよう。

では、どうやって「キャリアプラン」を立てればいいのか?

これには、「バックキャスティング」という考え方が当てはまってくると思います。

バックキャスティングとは?

簡単に言うと、「バックキャスティング」とは、未来の姿から逆算して現在の施策を考える発想のことです。

「10年後にどうなっていたいかを考え、逆算してキャリアプランを立てる」まさに今必要な考え方だと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

薬剤師のポン(@ponnenmaru6)がシェアした投稿

自己分析と、棚卸をする

  • 現在の自分のスキル
  • 得意なこと
  • 自分の資格

など、「自分の強み」になることを棚卸します。

その時に、

  • 自分の苦手な事
  • 未経験な事

についても棚卸しておくと頭の整理がしやすくなります。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
そもそも自分がなぜ薬剤師になりたかったのか?自分のルーツについても書き出してみよう。

10年後、自分がどうなっていたいかを考える(目標)

  • 在宅業務のスペシャリストになっていたい。
  • がん専門薬剤師として、大きい病院で働いてみたい。
  • 自分で薬局を経営してみたい。

など、10年後にどうなっていたいかをざっくりと決めておくようにしましょう。

自分のプライベートのことも含めての10年後について考えれば、具体性が出て決めていても面白いです。

半年から1年ごとのキャリアプランをたてる(ゴール)

10年後の目標が決まったら、そこに向かうために、半年ごと、1年ごとにどのような事をしておくべきかを考えましょう。

自分のやるべきことが一つずつ浮彫りになってくると思います。

薬剤師のポン
薬剤師のポン

最初から決めたゴールが次々と達成することはまずないと思います。

その都度軌道修正をして、自分の目標に突き進んでいくようにしましょう。

 

自分のスキルを発揮する職場選びは大事

薬剤師の転職、就職が、だんだん「スキルがないと難しい」と語ってきましたが、

  • 自分のスキルが発揮できる職場
  • 新しいスキルを磨きたい
  • ステップアップしたい
  • 仕事の環境を変えてみたい

こうやって考えることも、自分の働きやすさ、やりがいを求める上では大切なことかなと思います。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
「自分の今の職場の現状でやりたいことを実現するのは難しい・・・」と考える方は、「転職」という選択肢もあると思います。

[2022年版]「薬剤師の転職を考える方へ」おすすめ転職サイト15選を比較!! 転職を考えているけど、どうやったらいいかわからない。 転職で失敗したくない。 薬剤師から評判の良い転職サイト...

転職サイトの活用と現状の仕事の併用がおすすめ

僕は、普段の仕事は充分頑張りつつ、新しい環境も確認したいので、「転職サイト」の登録も行っています。

今の環境が嫌で嫌で仕方がない!!というわけではありませんが、転職サイトでもっと良い案件ややりたいことがあれば、「そちらの話を聞いてみたい!!」とも思っています。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
せっかく薬剤師免許をとって働いているのだから、「自分の可能性」を試してみたいです。

エージェントさんがいろいろと、

  • 自分に合った案件
  • 現在の薬剤師の転職状況
  • 今の条件と比較してどうか?

など、客観的に相談にのってくれます。

アスアス(USUS)とは?代表にインタビュー!! この記事では、薬剤師転職サイト「株式会社アスアス(USUS)」さんの会社の内容について、熱く語っていきたいと思います。 「...
[ファルマスタッフ]の評判とは?転職活動についてまとめ この記事では、 転職活動を始めたいけど、何からすればいいのかわからない・・ どの転職サイトを使ったらいいか悩む・・ ...
「マイナビ薬剤師」の転職活動 メリット、デメリットまとめ この記事では、マイナビ薬剤師を使った転職活動について、実際にマイナビを利用したポンがマイナビ薬剤師のメリット、デメリット...
「リクナビ薬剤師」の転職活動 メリットデメリットまとめ 本日は、実際にリクナビ薬剤師を利用したポンが、リクナビ薬剤師のメリット、デメリットについてまとめました。 就職や転職を考え...

薬剤師のポン
薬剤師のポン
登録したサイトで、同じように登録した方との情報交換や、医療業界に関するニュースが日々入るので、愛用しています。

「薬剤師の10年後は?」薬剤師の未来について現役薬剤師が語る! まとめ

いかがだったでしょうか?

「薬剤師の10年後」について、僕なりにまとめてみました。

  • 10年後も薬剤師は必要とされる
  • スキルのある薬剤師が生き残る
  • 「店舗マーケティング」「在宅業務」「地域連携薬局や健康サポート薬局」などの取り組みを積極的に行う
  • 自分のキャリアプランを立てて行動する

「薬剤師の仕事」は今も、10年後もあると思います。

しかし、今の仕事を淡々と続けていても、「薬剤師」としては淘汰されていってしまうでしょう。

「自分のキャリアプラン」を決めて、10年後の薬剤師としての自分を確立させましょう。

ポンマガジンは、薬剤師の生き方を追求するブログです。

薬剤師、薬学生を応援したい!!

ではでは♪

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です