転職

薬剤師の年収ってどれくらいなの?現役薬剤師が語る。30歳薬剤師の年収とは。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

今回の記事ではよく聞かれる薬剤師の年収について語っていきたいと思います。これから薬剤師になる薬学部の方、転職を考えている方に参考になってほしいです。

読んでね♪

薬剤師の平均年収は?

30代薬剤師の平均年収は約550万円と言われています。(年収の平均年齢値は35歳)

薬剤師も30歳になると昇給が頭打ちになってくる人が多いと思われるので、転職を考える方も多いと思います。

年齢別の平均年収は?

さらに、将来のことも考え、年齢、性別で細かく分けた、年収モデルがこちらです。

年齢 男性 女性
35歳 510万円 470万円
40歳 530万円 500万円
45歳 590万円 530万円

(※賃金構造基本統計調査|厚生労働省)参考

男性薬剤師の方が、結婚や、出産に関係なく、正社員として仕事を続けている方が多く、ボーナスが付きますので、年収が高くなる傾向になります。

 

他の職場の薬剤師の年収は?

さまざまな分野の薬剤師の年収はどれくらいなのでしょうか?薬剤師が就職しやすい職場の、30歳薬剤師のそれぞれの職の年収を紹介していこうと思います。

調剤薬局

年収400万~750万円です。企業によって大幅に年収の差が出ます。大手調剤薬局は手当が手厚い分ボーナス事体が低かったりと、年収を見たら平均より低いこともよくあります。

中小の企業でも店長、エリアマネージャーなどに昇格していった方には年収700万円を超える方もいます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
実際にポンも大手から中小に移りましたが、年収が予期せずにアップしてびっくりでした。
現役薬剤師が語る!!薬剤師が調剤薬局に就職するメリット、デメリットを紹介 今日は実際に調剤薬局薬剤師のポンが、「薬剤師が調剤薬局に就職するメリット、デメリット」を紹介します。 読んでね♪ 薬剤師...
現役薬剤師が語る。薬局薬剤師の仕事内容とは? 今日は調剤薬局のお仕事について、現在調剤薬局で働いているポンがご紹介します。 これから調剤薬局に転職を考えている人、調剤薬...

病院

30代の病院薬剤師は他の薬剤師と比べても年収は低いです。

350万円~500万円が相場です、600万円を超えるとなると、転職での駆け引きが必要になるなどの特殊なケースになります。

病院はまた、急性期、慢性期、大規模病院、小規模病院と働き方の幅が広く、同じ病院薬剤師でも働き方が違っていますが、どの病院でも薬剤師の年収の上り幅は少ないと予想されます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
病院は安定もしているし、学びも深めるし、まず病院に行きなさいと学校の先生から言われることも・・。でも本当にそうかな?自分でしっかりリサーチすることも大事です。

ドラッグストア

ドラッグストアで働く30歳薬剤師の平均年収は500万円~700万円が相場になります。

企業の規模であったり、働くエリアの限定によっても年収は左右されます。

年収の上り幅が少ないともいわれますが、ある程度上がってからの話であって、新卒から昇給することで、30歳で600万円程度になることが多いです。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
年収の面では人気の職場です。でも年収が高いということはそれなりにしんどいことも出てきます。デメリットも含めて就職、転職を考えましょう。
ドラッグストア薬剤師とは?新人薬剤師にインタビュー!! この記事では、ドラッグストア薬剤師について、仕事内容、年収、メリット、デメリットについて、また、実際に働いている新人薬剤師の方に...

製薬企業

製薬企業は600万~800万円が年収の幅となります。MRの方は営業手当があり、30歳までは営業成績にかかわらず年収がアップしていきます。

また、ボーナスは6か月以上になる場合もあり、賞与による年収アップが多いのも、製薬企業で働く薬剤師の特徴です。実績も反映されやすいため、同じ30歳であっても年収に差がでる職種です。

また、同じ製薬企業でも、「メディカルライター」として雇われている方もいます。治験や薬品開発の時の文書作成の仕事もあります。

「メディカルライター」とは? 仕事内容や年収など紹介。活躍されている方にインタビュー!! この記事では、薬剤師のライター業の仕事で、「メディカルライター」についてまとめてみました。実際にライター業をしている方にインタビ...

医薬品卸企業

医薬品卸企業の平均年収は約500万円~600万円と言われています。

最近は卸企業も残業を減らすように働いているため、私生活の充実は見られますが、残業手当はそこまで期待しないほうがいいでしょう。

初任給は他の薬剤師に比べて少ないかと思いますが、大手企業が多く、昇給が安定しているため、30歳ともなると年収は500万円程度になることが多いです。

フリーランス

最近出てきた言葉ですが、「フリーランス薬剤師」です。

どこの薬局に入るわけでもなく、自分自身が個人事業主として、薬局やドラッグストアと契約して働くという「新しい薬剤師」の働き方があります。

「フリーランス薬剤師」とは?活躍している薬剤師さんにインタビュー!! この記事では、「フリーランス薬剤師」の仕事内容、メリット、デメリットとは?また実際に活躍している「フリーランス薬剤師」の方にイン...

まとめ

同じ30歳であっても、薬剤師の働き方はさまざまです。30歳が昇給の頭打ちになる職種も出てきますので、転職する薬剤師の方も多いと思います。

また、年収をとるか、私生活の充実をとるか。

自分の重視する面でも仕事の選び方は変わってきます。

現状維持するにしても、転職されるにしても、この記事が参考になればうれしいです。

ではでは♪

「薬剤師の転職を考える方へ」おすすめ転職サイト15選を紹介!! 転職を考えているけど、どうやったらいいかわからない。 転職で失敗したくない。 いざ薬剤師が転職し...

 

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA