転職

現役薬剤師が語る。薬局薬剤師の仕事内容とは?

薬剤師のポン
薬剤師のポン
こんにちは。ブロガーのポン(@ponnenmaru6)です。

今日は調剤薬局のお仕事について、現在調剤薬局で働いているポンがご紹介します。

これから調剤薬局に転職を考えている人、調剤薬局に就職予定の方に是非参考になればと思います。

読んでね♪

2021年8月9日大幅追記

調剤薬局で働く薬剤師の業務内容

処方箋監査

Drから処方された処方箋の情報が正しいかどうか、監査していきます。

処方内容が根本的に間違っていれば、患者さんの安全が保障されません。

処方箋の隅々までチェックしていきますが、そのチェック箇所は患者さんの氏名、年齢、性別、処方箋交付日、薬の用法用量、処方日数、薬の飲み合わせ、検査値の確認、印鑑の有無などです。

処方箋の形式は統一されていますが、昔ながらの手書き処方箋であったり、一般名処方が主に書かれている処方箋、検査値が記載された処方箋など、様々な処方箋をチェックしなければなりません。

そして薬剤師は専門の科を選べません。

広い知識が必要となってくるため、この「処方箋鑑査」という仕事は薬剤師にとってとても重要な仕事内容になってきます。

どんな忙しいときでもこのチェックを必ずすることが薬の安全につながるからです。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
これで問題がなければ、調剤業務に移りますし、もし問題があるようでしたらDrに問い合わせをする「疑義照会」という業務に移ります。

 

特定のクリニックが近くにある薬局では、ほぼ同じ科の処方箋が来ますが、突然別の科の処方がとんでくることも珍しくありません。

中には全く見たこともない薬がでることもあります。そんな時に慌てず、処方箋監査を行うことができるように日々薬剤師は知識を身に着けておかないといけません。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
処方箋監査は薬剤師の業務の中でも知識を問われる重要な仕事です。

 

疑義照会

処方箋の内容に問題がある場合、必ず処方元の医師に問い合わせをして、確認しないと調剤することはできません。

電話やFAXで主に問い合わせを行い、処方元の医師より返事をもらいます。

電話による疑義照会が主なため、電話対応が上手でないと、的確に相手に意図を伝えることができません。

また、処方が間違っていればどう直せばいいか?どの薬に変更するのが的確かを逆に質問されることもあります。

逆質問がきた時の答えももっていないとパニックになってしまうこともよくあります。ある程度の経験がものをいうスキルだと僕は思っています。

 

一番疑義照会をする近くのクリニックとは極力コミュニケーションを普段からとっておく必要がありますし、遠くの病院だとしても、自分の伝えたいことを的確に話すトレーニングは普段から積んでおきましょう。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
何度ポンも疑義照会の電話でテンパったことか・・・

 

調剤


監査した処方箋を元に、薬を正しく取り揃えていきます。

調剤は主に、ピッキング、散剤、液剤、軟膏の混合、一包化、粉砕調剤があります。

複数規格のある薬に関しては正しい規格で取り揃える必要がありますし、散剤の軽量、液剤の軽量も監査した処方を元に正しく軽量する必要があります。

また、コンプライアンスがよくない人には、朝、昼、夜などに薬をまとめる作業「一包化」を行います。調剤はある程度慣れれば一定の活躍が期待できます。

まだ特殊ではありますが、輸液の混注もする場合もあるため、広く学ぶ必要があります。

自家製剤として調剤薬局オリジナルのレシピを持っている薬局もあったり、漢方専門の調剤薬局では、医師の処方の元、オリジナルの配合割合で調剤に挑む場合もあります。

監査

調剤した薬が正しいかチェックする作業です。

別名「ダブルチェック」とも言います。一人の薬剤師が調剤した薬を別の薬剤師が監査するのが原則です。一人の薬剤師による「思い込み」を防ぐためです。

薬局により手順はまちまちですが、大筋はほとんど変わりません。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
新人のころポンも先輩から教えられ監査の仕方を学びました。

 

処方監査をした処方箋に沿って調剤を行わなければならないため、処方箋にヒートの薬をあてて一文字ずつ確認する「一文字監査」を今でも徹底して行っています。

一包化された薬の監査をするときは、錠剤に記載されている番号の確認(最近では名称が記載されているものも多い)をしなければらないため、慣れるまで時間がかかってました。

集中力は同じですが、慣れれば時間が短くなってくるため、経験がものをいう仕事でもあります。

患者さんに急かされることもありますが、薬剤師はお薬を間違いなく、安全に届けることが患者さんにとって一番大事なことであるといつも心に思っています。

服薬指導


薬ができあがると患者さんに実際にお薬の説明を行います。
投薬の時に、薬を正しく服用してもらうために、飲み方をワンポイントで説明します。

薬によって説明方法は様々ですが、喘息の吸入薬を使用されている方には器具の説明から入ったりと細かい説明が必要になる方もいますし、毎食後の薬でも朝と昼と夜の飲む量が違ったりすることもあるので、少ない時間で、いかに患者さんに納得してもらえるかを考えて指導することが大事になってきます。

また、医師に怒られるのが嫌でという理由で、医師には「お薬のんでいます」と伝えているが、薬局に来られると「実は飲み忘れてて・・」とポロっとしゃべるかたもいらっしゃいます。医師には話しづらいことも薬剤師には言ってくれるということも感じることがありますよ。
お薬を実際に何を何日分お渡しするかを、薬の説明書を元に照らし合わせて確認してきます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
後でお薬が足りなかったとか、渡し忘れなどを防ぐためです。

 

薬歴記載


服薬指導が終わったら、最後にどのような説明をしたか、患者さんの状態の詳細を記載していきます。

次回来られた時に、次にお伝えすること、問題点を確認するためにわかりやすく記載する必要があります。記載は「SOAP形式」を用いるのが一般的です。

薬剤師が複数人で働いている調剤薬局が主なので、「誰が見てもわかるように記載」することが重要です。

現役薬剤師が語る!!薬局薬剤師に必要なスキルとは?? 薬局薬剤師歴9年。現役薬剤師として現場で働いていて、どのようなスキルが求められてくるのかと、いまいちど振り返ってみました。 ...

調剤薬局で働くといいところ

休みが固定されている

ドラッグストアと違い、門前クリニックなどの休みに併せてあるのが一般的なため、クリニックが固定休みだと薬局も休みなところが多いです。

 

薬剤師のポン
薬剤師のポン
木曜の午後、土曜の午後、日曜祝日が休みが一般的ですね。

薬剤師としてのスキルを広く学べる

薬剤師免許を用いて仕事を行うため、薬に触れる場面が非常に多い仕事です。

卸関連や、MRなどに就職した薬剤師の方は広く薬に触れるわけではないので、調剤業務を効率よく学ぶことができます。

薬剤師の仕事のほとんどは調剤薬局に就職している方が多いため、転職するということになっても、他の調剤薬局で即戦力として働くことができます。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
実際に転職を経験しているポンも調剤薬局→調剤薬局への転職だったためスムーズに業務を再開することができました。

また、調剤業務以外にも、マネジメント業務など、経営面に関しても学ぶことができるため、ある程度大きな調剤薬局に勤めて広く経験を積むことが薬剤師として成長しやすいと自分自身の経験から感じます。

「薬剤師の転職を考える方へ」おすすめ転職サイト15選を紹介!! 転職を考えているけど、どうやったらいいかわからない。 転職で失敗したくない。 いざ薬剤師が転職し...

調剤薬局で働くイマイチなところ

店舗によって知識に偏りができる


例えば、一年目から皮膚科の近くの薬局に勤めたとしたらどうでしょう?

皮膚科の知識については強くなりますが、他の科についてはそのまま成長しづらくなってしまいます。

これは異動によって解消されるでしょうが、勤め先によって当たりはずれがあることも現実です。

 

薬剤師のポン
薬剤師のポン
ポンの友達は、耳鼻咽喉科の前に7年間勤め、そこの調剤薬局ではエキスパートでしたが、他の店に異動になった時に知らないことがいっぱいあり、大変だったことを聞かされました。

給料は大幅な上昇はない


もちろんある程度安定したお給料がもらえることは事実ですが、MRの方など他の薬剤師免許を活かした仕事に比べて給料の上り幅は少ないと思います。

一般的な企業と比べ、40代、50代になっても30代の管理薬剤師と同じような年収600万程度の管理薬剤師もいます。しかし、出世してエリアマネージャーなどの企業の管理部門まで地位があがるとその限りではありません。

年収を大きく上げるため、人の少ないところに転職や、他の職にいくという手もあります。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
安定を望むポンは今の調剤薬局でも問題はないと考えています。
薬剤師の年収ってどれくらいなの?現役薬剤師が語る。30歳薬剤師の年収とは。 今回の記事ではよく聞かれる薬剤師の年収について語っていきたいと思います。これから薬剤師になる薬学部の方、転職を考えている方に参考...

 

現役薬剤師が語る。薬局薬剤師の仕事内容とは? まとめ

いかがでしたでしょうか?

実際に現場で働く薬剤師として薬局の生の声を発信させてもらいました。

薬剤師のポン
薬剤師のポン
ちょっと専門用語も入ってしまいました。反省・・・

同じ薬学部を卒業した友達も、ほとんどが調剤薬局へ就職しています。

一番薬剤師として目にする仕事内容だと思います。同じ調剤薬局でもいろいろな働き方をされている方もいますので、自分の経験する調剤薬局業務を語らせてもらいました。

またこれから、医療関係者、薬剤師、薬学生の方に、「へえ~」と思ってもらえるような情報を発信していきます。

ではでは♪

ABOUT ME
薬剤師のポン
薬局薬剤師9年目。 薬学部卒業後、大手チェーン薬局に就職。大病院の門前薬局の前で働き、あらゆる科の調剤を担当する。一通りの仕事がわかってきてから、「自分の地元だったらもっといい仕事ができる」と考え、自分の地元で働きたいと強く願うようになり、地元の調剤薬局に転職。現在は地域密着薬剤師として地元の中小薬局で勤務中。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA